2012年03月21日

卒業式がありました

『大切なとびら』

今まで開かなかった小さなとびらが

心の中にある

卒業式の日にはそれが

勝手に開くと思うんだ

とびらが開くと

「ありがとう」

「おめでとう」

「がんばって」

いっぱいいっぱいつまった気持ちが

とびだしてくると思うんだ

その気持ちがなみだになって

とびだしてくるんだ

ふだん言えない気持ちが

たっくさん入った大切なとびらが

卒業式の日に開くんだ



posted by naonao at 10:14| Comment(0) |

2011年10月22日

寒いのキライだ

8.カチコチめだか

今は冬。ストーブがつくまでとても寒い。
暗いし寒いし、もうダメだ。

ガラガラガラ…戸が開いた。

先生が来た!

バチャバチャ。
ぼくたちは、みんなで音をたてた。

「あ!」と、先生は水槽の温度計を見て言った。


『カチッ!ボオー』と、いう音といっしょに、あたたかい風が
こっちにも来た。

やがて8時になり、5年生のみんなが登校して来た。

「あったか〜い。」と言っている。


何だよ!君たちは『てぶくろ』に『マフラー』『ジャンパー』。
ぼくたちめだかにはないんだから!


6時間目。
みんなが何か話してる。


どうやら、あと2週間で冬休みらしい。


「ふ〜ん。」と思っていたが、考えてみて気がついた。

冬休みになると、だれも学校にいないので、ストーブつかないしエサは??

エサはいいけどな。
寒いし、こわくてカチコチだ!!



つづく…





posted by naonao at 03:13| Comment(0) | めだかのメッキー

2011年10月17日

新しい友だち

7.友だちポッキー

「ポチョン」

白メダカが1ぴき入ってきた。

先生が、ぼくひとりじゃかわいそうだからって…
家から一ぴき持ってきたんだ。

そいつもオスで、でも名前はオスらしくない「ポッキー」。

ヒョロヒョロヒョロ。
ぼくの近くに来て、
「はじめまして。君も白メダカ?」
「君の上にいる子メダカは何??」と、
いろんな事を聞いてきた。


ぼくは、ちょっとイラっとなって…無視してしまった。


「答えなくていいの?」と、クッキーが聞いた。

クッキーのようにポッキーまで、エサを食べる時もどんな時も
ぼくを追ってくる。


5年生のみんなは観察する時、ぼくとクッキーとポッキーの3びき
をかく。

新しい友だち、ポッキー。


posted by naonao at 10:41| Comment(0) | めだかのメッキー